第249回市民医学講座

日時  2021年 1月20日(水)配信
      

演 題
  症状のない病気“骨粗鬆症”に治療は必要か?
動 画
要 旨

“骨粗鬆症”という言葉を知らない人はいませんが、骨粗鬆症自体に症状があるわけでは

ないため、気づかずに暮らしている方がほとんどです。

骨粗鬆症があれば骨折が起こりやすく、骨折が起これば日常生活に支障が出るだけでなく、

場合によっては死亡につながる可能性があります。

本講演では骨粗鬆症の診断や治療のポイントについて、知っておくべき内容を解説します。


講演者

 岡野 匡志 病院講師(大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科学)

動画配信について ビデオマークをクリック すると、講演内容を動画で御覧頂けます。
 
著作権について 本講座は講演者の著作物としてその権利が保障されています。
営利・非営利目的に関わらず、画像の印刷やダウンロードは一切禁止致します。
 
免責事項について 本講座内容のご利用によって生じた損害、あるいはいかなる影響についても、講演者並びに当センターはその責を一切負いません。
講演内容にかかわる医療上の行為については、かかりつけの医療機関、または医師・薬剤師にご相談ください。
 

このページを閉じる