第236回市民医学講座

日時  2019年10月17日(木)
      午後6時10分〜午後7時30分

演 題
  認知症治療の最前線
動 画
要 旨


 高齢化に伴い認知症に対する治療のニーズは年々増大していますが、世界的にもこの10年以上新薬は登場していません。

 今の認知症研究はどうなっているのでしょうか?

 アルツハイマー型認知症を通して現在行われている認知症治療の問題点と、

 新薬開発や現在試みられている新しい試みについて皆様にわかりやすくお伝えします。

講演者

 武田 景敏 講師(大阪市立大学大学院医学研究科 神経内科学)

動画配信について ビデオマークをクリック すると、講演内容を動画で御覧頂けます。
 
著作権について 本講座は講演者の著作物としてその権利が保障されています。
営利・非営利目的に関わらず、画像の印刷やダウンロードは一切禁止致します。
 
免責事項について 本講座内容のご利用によって生じた損害、あるいはいかなる影響についても、講演者並びに当センターはその責を一切負いません。
講演内容にかかわる医療上の行為については、かかりつけの医療機関、または医師・薬剤師にご相談ください。
 

このページを閉じる