第235回市民医学講座

日時  2019年9月18日(水)
      午後6時10分〜午後7時30分

演 題
  インフルエンザワクチン接種の意義
動 画
要 旨


 次のインフルエンザシーズンに向けて、ワクチンを接種する予定ですか?

 インフルエンザに罹ると肺炎を伴うなど重症化のリスクが高いグループがあります。

 そのようなグループに該当する人は、毎年のワクチン接種が勧められています。

 一方で、本当にワクチンが効くのか、安全なのか、を懸念される方も多いのではないかと思います。

 そこで、本講座では、インフルエンザ重症化のリスクが高いグループごとに、ワクチン接種の有効性・安全性を整理して、お話したいと思います。

講演者

 大藤 さとこ 准教授(大阪市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学)

動画配信について ビデオマークをクリック すると、講演内容を動画で御覧頂けます。
 
著作権について 本講座は講演者の著作物としてその権利が保障されています。
営利・非営利目的に関わらず、画像の印刷やダウンロードは一切禁止致します。
 
免責事項について 本講座内容のご利用によって生じた損害、あるいはいかなる影響についても、講演者並びに当センターはその責を一切負いません。
講演内容にかかわる医療上の行為については、かかりつけの医療機関、または医師・薬剤師にご相談ください。
 

このページを閉じる